書籍「あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。」

Kindleの読み放題に入っていたので、タイトルに惹かれて読んでみました。

日本人の働き方を、ひとつひとつ「本当か?本当にそれでいいのか?」と問いただしていく内容です。

・何を訊いても”社会人の常識”で片づけられる  ←理由になってない

・お客様は神様   ←神様は無料でサービスを要求しない

・一度レールを外れると、とことん厳しい日本社会

などなど、うんうんと頷きながら読み進めることができます。

また、「社畜」(←この言葉もどうなんだろと思いますが(^_^;))についても詳しく書いてあり、いちいちごもっともなのです。

この本では、社畜=会社と自分を切り離して考えられない会社員 と定義しています。そして、社畜を支える価値観が、どれだけ経営者にとって都合のよい価値観なのか・・・!

・仕事は、やりがいがいちばん ←安い給料でたくさん働いてくれる

・つらくても、成長したい ←給料に見合わない仕事をさせられる

・給料をもらっているのだから、プロ ←給料に見合わない大きな責任の押し付け

・言い訳は、悪 ←一介の従業員に過ぎないのに、失敗の原因はすべて自分にあるなんて、ある意味思い上がり

・経営者目線をもって仕事すべき ←でも経営者の給料がもらえるわけではない。サービス残業が正当化される。

・どれだけがんばったかが大事 ←時間内に仕事を終わらせるより残業したほうが評価される

そして、日本では仕事に「やりがい」を求める教育ばかりされているが、もっと残業代の請求方法とか、有給休暇が取得できる条件などを教えるべきだと続きます。

過去、軽いブラック企業に勤めていた経験があるわたしですが、本当にそうだなぁと思うことがたくさん書いてありました。最近では、仕事の後の飲みにつきあわない若者が増えた、なんて聞きますが仕事の後の時間はその人の時間なんだから、どう過ごそうがその人の自由です。

「みんな一緒」「みんな横並び」が美徳とされてきた日本の価値観がどんどん変わっていきますね。人はそれぞれみんな違うんだ、ということを誰もが自覚していないと、ますます生きづらくなるでしょう。

働き方改革が、枠組み作って終わり、にならないことを祈ります。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です