ピーターの抗生物質の副作用

背中に数か所の脱毛がみられ、一週間前から抗生物質を服用しているピーター(黒♂ 通称ピーさん)。錠剤ではなく粉薬にしてもらって、毎食前にスープに混ぜて飲ませています

よーし、飲んでる飲んでる!と、安心したのもつかの間・・・。

ピーターのお腹が突然ゆるくなりました。

調べてみると、抗生物質の影響でこうなるネコさんが多いらしいです。抗生物質はピンポイントで不調の原因になる細菌を抑えることができないため、腸内環境を整える細菌までヘロヘロになってしまい→お腹がゆるくなる、というからくりのようです。

日曜日はおとうさんと一緒に病院に行きました。捕獲するときに、前回ほどの大騒ぎにならなかったのは本当によかったです。午前10時過ぎるとネコタワーの一番上に登ってしまうので、その状態から捕まえるのはすごく大変だから、今のうちに捕獲せよ、という再三の忠告を夫がきいてくれました。(ピーターがネコタワーの一番上→ネコタワーにしがみつくので、手足をタワーから剥がすのに一苦労。これはくるみも同じ→ダイソンの掃除機などで脅かしてタワーの上から降ろす→ピーター大興奮→我を忘れて攻撃モード→本気で向かってくるため引っかかれる、というながれ)

背中の脱毛部分は、かさぶたになっており、剥がれている箇所もみられます。カサカサしてるので、粉っぽくなっています|д゚) このまま治ってくれないかなー。

捕獲して悪かったよピーター。

お腹のゆるみはやはり抗生物質の影響とのこと。完全な下痢でなければ問題はないので、もう一週間お薬を続けます。

それよりかさぶたになっている箇所がなかなか治らないことを先生が気にしていたと・・・。また検査やり直しになるのかな(‘_’)

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です