【少ない服で暮らしたい】通販で服は買わない

昨年の夏から秋にかけて、衣替えついでに自分の服を見直し、本当に自分に合った服だけを手元に置きたいと痛感してから、約半年経ちました。

前回の一連の記事はこちら→「【少ない服で暮らしたい】本当にいい服がいくつかあればそれでいい

この時は、自分の骨格タイプを把握して(私はストレートです)、好きだけどなんとなく似合わないと思っていた服の謎を解明し(ストレートにはつらい服ばかりだった(^_^;))、似合わない服たちにお別れをし、今後はぜったいぜったい慎重に買い物をしよう。。。と誓いました。

そして半年。その誓いは保たれています。
多少の入れ替わりはありましたが、現在の服の数は、部屋着を除いて55着です。そして、どれもとても気に入っています。

わたしが服を買うときに気をつけていることは以下の4つ。

①買う時は試着をしまくる。
②ふっくら見える服(=痩せて見えない服)は買わない。
③少しでも、うーん?と思ったら買わない。
④実物を見ないで買うことはしない。

今日は、④実物を見ないで買うことはしない=通販で服を買わない について書きたいと思います。

通販で服、買いますか?

“【少ない服で暮らしたい】通販で服は買わない” の続きを読む


書籍「みんなの掃除・片づけ日記 スッキリ暮らすためのリセット習慣」

まだまだ続く片づけブーム。でも、片づけただけダメでしょ?お掃除もしっかりしないとでしょ?ってことでこの本を読んでみました。

こんな本です

みんなの掃除・片づけ日記 (みんなの日記)
SE編集部、翔泳社、2016年11月初版

“書籍「みんなの掃除・片づけ日記 スッキリ暮らすためのリセット習慣」” の続きを読む


【少ない服で暮らしたい】買取業者の査定結果が届きました

自分に似合ってお気に入り、そんな「ほんとうにいい服」だけを手元に置く生活をしたくて、クローゼット整理を続けています。今回は、買取業者の査定結果について書きたいと思います。

前回の記事はこちら→「どうしても服を手放せないときは“【少ない服で暮らしたい】買取業者の査定結果が届きました” の続きを読む


【少ない服で暮らしたい】どうしても服を手放せないときは

クローゼットの整理中です。自分に似合う「ほんとうにいい服」に囲まれて暮らすべく、一着一着を手に取って、向き合いながら今後を考えています。

週末、8着の服と1足の靴、バッグ4つを買い取り業者に送りました。少し古いものもあるので値がつくのか予測できませんが、お返事が来るまで待ちたいと思います。

前回は、手放す服をどう決めるかについて書きました。今回は、手放した方がいいとわかっているのにどうしてもできない。どうすれば? ということについて、わたしの経験を書いてみます。

前回の記事はこちら→「手放す服を決める方法」「よく着ているのに手放す服とは“【少ない服で暮らしたい】どうしても服を手放せないときは” の続きを読む


【少ない服で暮らしたい】よく着ているのに手放す服とは

衣替えに合わせて、クローゼットの整理中です。前回は、手放す服を決める方法について書きました。古くなってしまったり、買ったけど着ていない服を手放すのは「着ていない」という事実があるので手放しやすいという内容でした(それでも手放せないという人がたくさんいることも知っていますが(^_^;))。

前回の記事→「手放す服を決める方法

今回は、それとは別で実は手放すべき服もある、ということを書いていきます。

手放すべき服とはなんでしょう? “【少ない服で暮らしたい】よく着ているのに手放す服とは” の続きを読む