【カバンの中身】ペンケースを持ち歩かない方法

カバンを軽くしたい!通勤時の負担を減らしたいと思い、いったい何を持ち歩いているのか?それは本当に必要なのか?を検証して、対策をしたいと思います。気づけばすっかり秋・・・を通り越して冬の足音が聞こえます。これからますます厚着になり肩も一層こりやすくなる季節です。

前回の記事はこちら→【カバンの中身】軽くしたい!いったいどうすれば?

絶対に必要な、お財布、カギ、スマホ、携帯電話、ハンカチ、ティッシュ、化粧ポーチ、手帳はともかく、その他に持ち歩いているもの(メガネ、ペンケース、マイバッグなどなど)から見直すことにいたします。

本日は・・・ペンケースを見ていきたいと思います。

マリメッコのがま口ポーチをペンケースとして使っています。 “【カバンの中身】ペンケースを持ち歩かない方法” の続きを読む

【カバンの中身】軽くしたい!いったいどうすれば?

みなさん!!みなさんのカバン、何が入っていますか?全部毎日使うものですか?そして、重さはどのくらいですか??

6月から新しい仕事に就き、2つの電車を乗り継いで片道40分かけて通勤しています。久しぶりの派遣社員としての勤務、心配になって持ち物が多くなり、さらにお弁当を持参しているので本当に毎日カバンが重い・・・。

今回は、カバンの中身について書いてみたいと思います。

こんなにラブリーなものを持ち歩いているわけではありません(^_^;)

“【カバンの中身】軽くしたい!いったいどうすれば?” の続きを読む

【少ない服で暮らしたい】クローゼットがおもしろくない

本当に自分に合った服だけを手元に置きたいと思い、徹底している服のコントロール。服の数がいたずらに増えてしまうことはないし、全部気に入っている服だし、いいことだらけといえばその通りなのですが、ここにきて困ったことがひとつ。

それは、「なんだか面白みのないクローゼットになってしまった気がする」ことです。今回は、一度落ち着いたクローゼットの、今後の方向性について考えてみたいと思います。

これまでの【少ない服で暮らしたい】シリーズはこちらから
→   【少ない服で暮らしたい】シリーズ目次

クローゼットの中は、お気に入りの服55着がずらり。・・・なのですが、自分に似合う服ってテイストが偏っていてどれもこれも同じに見えます。

Vネックのニット。シンプルなシャツ。ストレートパンツ。ストレートラインのスカート。骨格ストレートは、いま流行りの肩が落ちたデザインのゆるっとした服が苦手なので、お店で選ぶのもひと苦労なのですよねぇ。。。(ゆるっとしたデザインも着られるのですが、だらしなく見えちゃうのがどうしても気になるのです)

この若干つまらくなってしまったクローゼットを活性化させようと、GWにアウトレットに買い物に行くことを計画し、行ってきましたよ!

アウトレットも、今流行のゆるっとした、だらっとした、骨格ナチュラルさん用の服が花盛りだと思うので、今回の買い物では「多少のデザインには目をつぶり、完璧を目指さない」というコンセプトでのぞむことにしました。

さて、骨格ストレートの4カ月ぶりの買い物の結果はどうだったでしょうか?

つづく
→ 【少ない服で暮らしたい】GWのアウトレットショッピング in 木更津。結果はプラス3着、計58着になりました。

 

 

書籍「みんなの掃除・片づけ日記 スッキリ暮らすためのリセット習慣」

まだまだ続く片づけブーム。でも、片づけただけダメでしょ?お掃除もしっかりしないとでしょ?ってことでこの本を読んでみました。

こんな本です

みんなの掃除・片づけ日記 (みんなの日記)
SE編集部、翔泳社、2016年11月初版

“書籍「みんなの掃除・片づけ日記 スッキリ暮らすためのリセット習慣」” の続きを読む

【少ない服で暮らしたい】買取業者の査定結果が届きました

自分に似合ってお気に入り、そんな「ほんとうにいい服」だけを手元に置く生活をしたくて、クローゼット整理を続けています。今回は、買取業者の査定結果について書きたいと思います。

前回の記事はこちら→「どうしても服を手放せないときは“【少ない服で暮らしたい】買取業者の査定結果が届きました” の続きを読む

【少ない服で暮らしたい】どうしても服を手放せないときは

クローゼットの整理中です。自分に似合う「ほんとうにいい服」に囲まれて暮らすべく、一着一着を手に取って、向き合いながら今後を考えています。

週末、8着の服と1足の靴、バッグ4つを買い取り業者に送りました。少し古いものもあるので値がつくのか予測できませんが、お返事が来るまで待ちたいと思います。

前回は、手放す服をどう決めるかについて書きました。今回は、手放した方がいいとわかっているのにどうしてもできない。どうすれば? ということについて、わたしの経験を書いてみます。

前回の記事はこちら→「手放す服を決める方法」「よく着ているのに手放す服とは“【少ない服で暮らしたい】どうしても服を手放せないときは” の続きを読む

【少ない服で暮らしたい】よく着ているのに手放す服とは

衣替えに合わせて、クローゼットの整理中です。前回は、手放す服を決める方法について書きました。古くなってしまったり、買ったけど着ていない服を手放すのは「着ていない」という事実があるので手放しやすいという内容でした(それでも手放せないという人がたくさんいることも知っていますが(^_^;))。

前回の記事→「手放す服を決める方法

今回は、それとは別で実は手放すべき服もある、ということを書いていきます。

手放すべき服とはなんでしょう? “【少ない服で暮らしたい】よく着ているのに手放す服とは” の続きを読む

【少ない服で暮らしたい】手放す服を決める方法

クローゼット整理、続いています。手持ちの服の数も減り、購入するときも、自分のカラーと骨格に合っているか、たくさん着るか、など考えて考えて買うようになりました。今回は、数ある服の中から、どれを手放し、どれを残すかという決断をどのようにしたのかを書いてみます。

前回の記事はこちら→「服の数が75着→60着になりました


“【少ない服で暮らしたい】手放す服を決める方法” の続きを読む

【少ない服で暮らしたい】服の数が75着→60着になりました

先月末から、クローゼットの整理をしています。目指すは「ほんとうにいい服」だけに囲まれる生活。数は多くなくていいので、自分に似合っている、着ててうれしくなるような服を残そうと奮闘中です。

前回の記事はこちら→「骨格ストレートには受難の時代

片づけを始めるときは、効果が出やすい服から手を付けています。目に見えて自分のお気に入りだけが手元に残るので、片づけ=毎日が楽しくなる という意識づけにも効果的です。 “【少ない服で暮らしたい】服の数が75着→60着になりました” の続きを読む