書籍「誰がアパレルを殺すのか」

ちょっとギョッとするタイトルですが、気になったので手に取りました。あちこちでデパートが閉店となり、服が売れないという話は聞いていましたが(デパートは服を買いに行くところという認識です)、単なる不景気なのか、アパレルに何か起こっているのか。

誰がアパレルを殺すのか」 日経BP社 、杉原 淳一氏 、 染原 睦美氏 (著)

不振にあえぐアパレル業界のからくりを書いた本です。店舗の閉鎖、撤退するブランド(オールドネイビー、なくなっちゃいましたね)、なぜ服は売れなくなってしまったのか?

それは、作れば売れる、というアパレルの黄金時代に、業界全体が手を抜いていたから。高度経済成長に続くCDブランド全盛期、バブル経済期に、消費者が何を求めているのか、何が求められているのかを真剣に考えず、人材もブランドも本当の意味で育ててこなかったつけが、デフレ時代の今回ってきた、ということらしいです。景気がいい頃はそんなこと考えなくても売れてましたからね。

少しでも利益を出すために、大量生産をくり返し、一点の仕入れ値を下げる。値段を下げながら、セールやアウトレットで売り続け、売れ残った服はそれ専用の業者が買い取る。そうすれば当面の売り上げは確保できていたから、「どんな商品が売れるのか(こんな商品を作ってほしい)」より「何でもいいから売れ筋の商品を持ってきてほしい」になり、それを続けるうちに、売れ筋の商品を自ら生み出す力を失った・・・。

そんなことが書いてあります。

 

わたしは単なる一消費者なので、業界の詳しいことはわかりませんが、確かに欲しい服が売ってないなぁとは感じています。流行も多少あるとは思いますが。骨格ストレートには受難の時代ですし。ただ、どこのお店にも似たような服が並んでいる印象です。

そんな風潮を疑問視し、独自のやり方で好調なブランド、メーカーもあり、本の中で紹介されています。たとえば、桃太郎ジーンズさんや、ミナペルホネンさん。各ブランドが独自の美学をもって、魅力的な服を作っていけば、固定のファンができ、服も売れていくのかななんて思いました。

 

おもしろかったのは、「セールで売るということは、もともと値段設定が間違っている」というところ。確かに、セールやアウトレットで安売りの服を買うとき、こんなに安くても利益が出るって、いったいどういうことだろう?モノの値段って・・・(^_^;)、と思うこと、何度もあります。

でも、安いから売れるというわけでもないのですよね。時代とともに、服に対する関わり方が変わってきているように思います。レンタルサービスや古着が好調というのも、1970年生まれのわたしには新鮮に思えます。デフレ時代には、そこまで服にお金をかけられないですしね。

 

いい服だから売れるのか、売れる服がいい服なのか。

「いいものを作れ」ではなく「売れるものを作れ」と言われ続けてちょっと疲れてしまった人にもおすすめです。

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です