iPhoneのバッテリー交換でApple表参道へ行ってきました 平日で2時間+緊急事態でさらに1時間

2015年7月に使い始めたiPhone6のバッテリー交換をするために、Apple表参道へ行ってきました。これから持ち込みでバッテリー交換を考えている方は、時間に余裕があるときに行くのを強く強くおすすめします。行ったのは4月で、ひと月ほど前ですが、今回はその時のことを記録したいと思います。

2018年12月まで、バッテリー交換は3,200円

現在(2018年12月まで)Appleは、通常は8,800円かかるiPhoneのバッテリー交換を、3,200円に減額しています(いずれも税抜)。バッテリーが古くなったiPhoneのパフォーマンスを抑制していた問題の対応のためです。この件についての詳細は、細かく説明しているウェブサイトがたくさんあるため、そちらに譲りたいと思います。ここでは書きません(実はわたしもよく知りません(^_^;))

使い始めて2年9カ月が経ち、通常使用でもバッテリーの減りが気になっていたのでそろそろ交換しようかな、と思っていました。でもサポートも切れてるし、Appleで交換となると、高いし時間はかかるし代替機は貸してもらえないし、ということで、すぐに交換してもらえる街の修理屋さんに持って行きました。そこで、今ならAppleで交換したほうが安いですよ!と言われ、Apple Storeに持ち込むことにしたのです。

ちなみにバッテリーは、日中に一度は充電しないと、もたない程度の減り具合でした。

Apple への来店予約、なかなか難しい

まずは、持込むための予約を取る必要があります。

AppleのウェブサイトからApple IDでログインをし、サポートページを開きます。iPhoneを選択→バッテリーとパフォーマンス(スクロールしてページ下部へ)→バッテリー交換をご希望の方はこちら→持ち込み修理→現在地を入れて近くのAppleStoreもしくはビックカメラなどの窓口を探し→空いている時間に予約を入れる。

こんな流れで予約が取れます。予約ページを開くタイミングによってはまったく空き時間が表示されないこともありますので、数日にわたり、時間を変えて何度も予約ページにアクセスして、どんな感じで予約可能時間が動いているのかを観察しました。どうやら直近1週間までの空き時間(もしくは当日空きがあれば)しか表示されないようなので、2週間後の土曜日に行きたい、みたいな予約は取れそうもありません。もしかしたら取れるのかもしれませんが、わたしはそれをあきらめて、いちばん都合のよい(有給休暇が取れそうな)日時を指定しました。ログインしている状態なので、ワンクリックで予約は完了します。

Apple表参道で受付から受取りまで約2時間

水曜日の13:50に予約を入れ、時間どおりに受付をしました。しばらく待って、バッテリー交換したい旨を伝え、バッテリーの状態をチェック。今すぐに交換せねば!という状態ではないものの、2年以上経っているし換えましょうか、となりました。

バッテリー交換の前にAppleから説明のあったやっておくこと。バックアップを取っているか(当日の朝、iTunesで取りました)、iPhoneを探すがOFFになっているか、カバーが外されているか(前日に外しましたが、これがいちばん大変でした)の確認をされ、また、今すぐ交換推奨レベルではないため、バッテリーを替えたからといって、劇的に状態がよくなるわけではないので、いまいちだなぁと感じることもあります、という説明がありました。

受付から預けるまでは35分。交換が終わるまではそこから90分。在庫がないと、預けて後日引取りと聞いていたので、半分覚悟していましたが、90分なら想定内です。待ち時間に受けられる、無料ワークショップのご案内もしていただきましたが、外出して散歩と食事をして、15:45に引き取りに戻りました。

無事に交換終了。でも帰り道で異変発見

データの消失もなく、無事にバッテリーは交換されました。3時間待ちを覚悟していたので、思ったより早く終わってよかった、と思ったのもつかの間。画面に異変を発見しました。

帰りの地下鉄の中で、画面にある青いシミのようなものを見つけたのです。今までみたことがない、スポットがありました。

再起動してもなくならないし、違うアプリを立ち上げてもなくならないので、不具合かな、と思って地下鉄を降りてApple表参道へ戻りました。

ふたたび預けて60分待ち

状況を話すと、画面交換で対応してくれることになりました。今までみたことのないシミなので、交換中になにかあったのかも、ということで無償交換に。そして、そこから60分かかると言われました。もう17時近くです。想定外です。

でも、このままというわけにはいかないので仕方なく待ちましたよ60分。再度散歩とお茶です。お腹いっぱいです。

青いシミが消えてない

60分後、画面交換されたiPhoneと対面。これで帰れるわい、と思って画面をみたら・・・

青いシミが、消えてない(^_^;)

事情を説明し、再度工房に戻ったわたしのiPhone。ダメか?故障か?今日連れて帰れるのか?とやきもきしながら待つこと15分。

青いシミがきれいになくなって、戻ってきました。よかったー!!

どうやら最初のバッテリー交換のときに、部品の取り付け方を間違っていたそうで・・・。だったら、「青いシミがあるんですけど」のときに気づいていてくれればその場で直ったんだろうなーと思いつつ、完全分業だと、受付の人がそれに気づくことは難しいんだろうな、とも思いました。さらに、青いシミがあるので、と再度持ち込んだんだから、画面交換したあとに青いシミがあるかどうかを確認してくれてればよかったんだけどなー、などいろいろ考えてしまいました。

たまたま時間があった日だったからよかったのですが、多忙なスケジュールを縫っての持ち込みだったら怒るかも、です。

13:50の受付から、完了まで4時間半。終わったのは18:20でした。

バッテリーは好調。再充電は不要となりました

バッテリーを交換したiPhoneは、元気に動いています。日中に一度は再充電しないと一日もたなかったのに、その必要が無くなりました。快適です。

iPhoneのバッテリー交換まとめ

そんな、バッテリー交換の一日を書いてみました。

冒頭に書いたように、これから持ち込みでバッテリー交換をお考えの方は、時間に余裕があるときに行くのを強くおすすめします。平日で2時間ほどはかかります。

AppleStoreはたくさんスタッフがいて、平日でもお客さんで混雑していて、とても活気があり楽しい場所であったことは、書き添えておきます。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください