【少ない服で暮らしたい】GWのアウトレットショッピング in 木更津。結果はプラス3着、計58着になりました。

昨年10月からこつこつと進めているクローゼットの整理。ほんとうに自分に似合い、気に入っている服だけにしようと、似合わない服を手放し、新しく入れる服を慎重に選んできました。しかし、漂うクローゼットの倦怠感。。。全体的に面白みのない服ばかりになってきました。

それを打ち破ろうと、GWにアウトレット行きを決行しましたが、果たしてその結果はどうなったのでしょうか。

前回の記事はこちら→【少ない服で暮らしたい】クローゼットがおもしろくない
一連の記事はこちら→【少ない服で暮らしたい】シリーズ目次

絶対欲しいのは、Vネックのカーディガン

アウトレットでの買い物は、定期的にしています。1年にだいたい3回か4回。ひとりで行ったり、夫と一緒だったり(年末に行くことが多いです)、アウトレット友達と一緒だったりなのですが、今回のGWではアウトレット友達と一緒に木更津まで行きました。

今回の目当ては、カーディガンです。手持ちのカーディガンがみんな、骨格ストレートが苦手な丸首だったため順番に手放していたら、なんとカーディガンがほとんどなくなってしまいました。
その時の記事はこちら→ 【少ない服で暮らしたい】丸首カーディガンが似合わない人の特徴

・Vネック

・スッキリした身ごろ

・長袖(七分袖以外)

・適度な長さ(腰にかかるかかからないくらいの長さ)

この条件を満たすカーディガンがありますように、と祈る気持ちでお店を回りましたが・・・。

売ってるカーディガンは、丸首カーディガンばかり

ところが、どこのお店でも、売られているのは丸首カーディガンばかりなのでした。

好きなトラッドのお店も、モードのお店も、セレクトショップも、置いているのは丸首カーディガンばかり。Vネックのものなんて、ほとんどありませんでした。あっ!と思って手に取ると、メンズだったり(^_^;)

これいいかも!と手に取ったらアウトレット価格でも3万円台だったり。いくらなんでもそれはちょっと・・・とあきらめかけた時に出会ったのは、A.P.Cの薄手のコットンのカーディガンでした。

Vネックのカーディガンをあきらめた理由

普段あまり見ることのないA.P.Cで、Vネックのカーディガンを見つけました。色はライトグレー。生成りに近いくらい薄い色です。色、OK!

素材はコットン。生地も薄く軽いです。これなら夏でも着られそうです。素材、OK!

えりの形はシンプルなVネック。ボタンもシンプルな形です。袖の長さも普通の丈でした。えりの形、そでの長さ、OK!

肩は、いま流行りの落ちるタイプではなく、正統派の形です。きちんと肩の位置に切替があります。肩のライン、OK!

肩のラインが正統派なら、身ごろのラインもストレートでストンとしています。いま流行りのダボっとしたゆるめではありません。身ごろ、OK!

ここまでを確認して、試着してみました。サイズがLサイズしか見当たらなかったのでLサイズを着てみました。ところが。

サイズがNGだった・・・・(ノД`)・゜・。

大きすぎて、だらしなく見えました。色違い(ブルー)のMサイズがあったので試しに着てみましたが、LとMでは着た印象が全然違いました。

ブルーもいい色でしたが、手持ちの服と合わせるには難しく、残念でしたが、そのカーディガンはあきらめました。以前のわたしだったら、妥協してLサイズを買っていたかもしれません(←タンスの肥やしを増やす行動です)。

あきらめられたわたし、偉かった!

デザイン違い、色違い、素材違い、で2枚購入

やっぱり丸首以外のカーディガンは探すのが難しいなぁ~と思いながらフラフラしていると、ボタンのない、Vネックでもない、ボレロタイプのカーディガンがたくさん置いてあるお店がありました。Vネックじゃなくても、首のラインがストンと縦に真っすぐなのでいいかも・・・と試着してみると、なかなかでした。

同じタイプのカーディガンでも、裾のラインが違うもの、素材が違うものなど、また色違いでもいろいろあったので、きちんと見えるネイビーと少し透ける素材の白の2枚を購入しました。

これから暑くなるので、汗をかいても自宅で洗える素材と、2枚買ってもそこまでのお値段にならないのが決め手でした。

よかったー。これで今年の夏はカーディガンに困らない。
これで任務完了、とホッとしたのもつかの間。

これで終わらないのがアウトレットの恐ろしいところです。

これから夏なのに、まさかの冬物購入

なんと、キルティングジャケット買いました。これから夏なのに!まさかの冬物!!

それは、マッキントッシュフィロソフィーでパッと目に入りました。ベージュのキルティングジャケットです。裏地はからし色。秋カラーには最高に似合う組み合わせです。

実はこのメンバーで以前行った別のアウトレットで、友達のひとりがキルティングコートを買ったのですね。それがとてもかわいくて、いいなぁ・・・とずっと思っていて、いつか自分も買いたいと思っていたのです。そのいつかが、まさかGWにやってくるとは思っていませんでした。

試着も友達に見てもらって、サイズ選びもしてもらって(LかMかでMにしました)、じっくり選べたのはこの季節ならではだったのかもしれません。

よく見ると、がっつり冬物のコートをいくつも見かけたのですよねー。マッキントッシュでは手触りのいいダッフルコートの黒とキャメルがありました。すごく魅力的でしたけど、定価13万円がほぼ半額でしたけど、さすがにあきらめました。重いですしね・・・。まったく反対の季節のものを安く買えるのも、アウトレットの面白いところです。

冬物緊急稼働!引き寄せ?

そんな戦利品を携えて、楽しいアウトレットショッピングから帰りました。いちばん気に入ったキルティングジャケットの出番は、半年後くらいかなー、と思ってクローゼットに入れました。

ところが、数日後に訪れた5月とは思えない極寒の日。東京で最低気温が10度の日があり、思わず着てしまいました。想定より半年早くデビューですね。早く着たい♪と思っていた気持ちが、気候を引き寄せてしまったのでしょうか(^_^;)

寒いけどコートを着るほどでもないときには活躍しますね。キルティングのアウターはおすすめです。

ちなみに、骨格ストレートはキルティングものは苦手なのですが、色が秋カラーにぴったりだったことと、身ごろのラインが少々ウエストでシェイプされていたのでOKとしました。

そんなわけで、クローゼットは全部で58着になりました。

課題である、つまらないクローゼットが面白くなったのかといえばそこはまだまだです。骨格ストレートしばりを緩くしないことには、なかなか心躍るようなクローゼットにはならないのかな、と思っています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください