羽生結弦選手の金メダルを確信した瞬間 at ビックカメラ有楽町店

羽生結弦選手が、フィギュアスケート男子シングルで、2大会連続金メダルを獲得しました!!そして、宇野昌磨選手が初オリンピックで銀メダル獲得。

おめでとうございます。

羽生選手のフリーが13:41、宇野昌磨選手が14時の予定でした。14時に銀座で約束があったわたしは、どうしても羽生選手の演技だけは見たくて、早めに移動してビックカメラ有楽町店のテレビ売り場で観戦しようともくろみました。

時間通りに終われば、点数が出るのを見届けて移動しても間に合う。完璧な作戦です。

ビックカメラ有楽町店に着いたのが13:30頃。テレビ売り場の2F に上がるエスカレーターは既に大渋滞でした。たくさんの人がつめかけていて、テレビに近づいてみると、画面にはパトリック・チャン選手が演技している姿が見えます(ただし、たくさんの人の頭の向こうにですが)。

すごい人だかり。考えることはみな同じです。

うーん。あまりよくは見えません(^_^;)

この後は、羽生選手の登場です。

ちょっと違う方向のテレビのほうがよく見えるかも?とキョロキョロ。店員さんの「もう少しお詰めください。混雑して申し訳ありません」という声が聞こえます。いや、押しかけたこっちが悪いので、かえって恐縮です。

そして、羽生選手の演技が始まりました。

ジャンプ後に着地をするたびに上がる歓声と拍手。大勢でみると盛り上がります!

そして、いくどかのハラハラする場面を超えて、点数が出る瞬間。

あまり良くは見えなかったけど、日本で応援する人々の気持ちがひとつになった瞬間に立ち会えました!

初詣ばりの大混雑をくぐり抜けて無事に移動できましたが、他のみなさんは宇野選手まで応援したのでしょうね。あとで録画で見返しましたが、とてもレベルの高い闘いで、改めて日本の男子フィギュア選手の底力に感動しました。

なんといっても、印象的なのは、宇野昌磨選手のあのマイペースな感じ。

「試合だからがんばりました。いつもと同じです」というだけのシンプルな対応が、彼の強さをよく物語っていると思います。メダルが決まった後は、若干引いてるようなあの表情と動き。自分でも本当にびっくりしていたのだと思います。彼は大物だなー。これからが楽しみです。

オリンピックはあと1週間。これからフィギュアスケートの女子シングルもあるし、まだまだ目が離せません。

 

メモ:これを書きながら、スピードスケート500mの小平奈緒さんの金メダルが決まりました。

がんばれニッポン!応援しています。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください