くるみのクレアチニンが下がった!体調不良から1年 点滴は10日おきで続行

昨年6月に急に体調を崩し、週に一度は病院で皮下点滴を受けていた、わが家の茶白ネコのくるみ。4月に、弟の黒猫ピーターと一緒に4歳になりました。

体調を崩したときの記事はこちら→「くるみの体調不良

前回1月の血液検査では、クレアチニンが正常値内に戻り、点滴卒業か?と期待しましたが、結局2週間後の再検査で値が戻ってしまったため、週一の点滴に逆戻りとなっていました。

1月再検査の記事はこちら→ くるみの卒業検定 条件付きでクリア
2月再検査の記事はこちら→ 茶白ネコくるみの点滴再開 クレアチニン高めに戻ってしまいました

季節が暖かくなったらまた検査して様子を見ましょうね、と言っていたら、3月にあごニキビができたりと、なんだかんだで5月になってしまいましたが、久しぶりの検査結果はどうだったのでしょうか。

おとうさんのおひざは落ち着くなぁ。 by くるみ


【これまでの変化】
・クレアチニン 6月3.0mg7月2.9mg8月2.8mg9月2.6mg→11月2.5mg→1月2.3mgここで一度点滴をお休みして様子をみた→2月2.5mg点滴再開決定(参考基準値0.8~2.4mg)

【5月11日の結果】
・クレアチニン  1.7mg(参考基準値0.8~2.1mg。 検査機関が前回と違うので参考基準値が前回とは違うと思われます)

なんと!ここにきてやっと参考基準値内におさまりました。しかも、夢だった1.0mg台になっています。ここさえ下がれば・・・と根気よく点滴を続けた結果が出ました。よかった。本当によかったです。

とはいえ・・・。前回のように戻ってしまうこともあるので、点滴は10日に1回で続けることにしました。先生によると、2週間に1回だとあまり意味が無いということなので、10日に1回で通院は続けようと思います。

最近くるみは、病院に行くための捕獲にもすっかり慣れてしまい、今まででは考えられないような逃亡技を使うようになりました。

例えば、ほかの部屋に追い詰めるために、寝室から追い出し(寝室のベッドの下に入ってしまうと手が届かないため捕獲できない)、くるみを追ってわたしが寝室から出ようとするとその隙を狙って寝室に戻りベッドの下に入り込み籠城する。

ベッドの下から追い出すと、ほかの部屋に行かずにベッドの上に乗る→捕まえようとするとまたベッドの下に隠れる→追い出すとまたベッドの上に乗る→延々とくりかえし。

1年も捕物帳をやっていると賢くなるものです。おかげでこっちは外出前に息切れが(^_^;)

こんなに手こずるほどずる賢くなってしまっても、体調が戻ってくれて本当にうれしいです。こんな小さな身体なのに、戻るのに1年もかかるのですね。一度体調を崩すとなかなか戻らないので、根気よく治療を続けましょうという先生の言葉に、今になって納得です。

まだまだ油断はできませんが、元気になってよかったです。このままずっとずっと元気でいて欲しいです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください