【少ない服で暮らしたい】骨格ストレートには受難の時代

自分にとっての「ほんとうにいい服」に囲まれて暮らすべく、クローゼット整理をしています。

秋カラー、(自称)骨格ストレートのわたしに似合う服をどれだけ持っているかな?と改めて自分のクローゼットを見てみると、自分には全然似合わない服のオンパレードで愕然としました・・・(涙)。

これまでの記事ピックアップ:

ニットアンサンブルが似合わない人の特徴

フレンチスリーブが似合わない人の特徴

ふんわりブラウスが似合わない人の特徴

七分袖が似合わない人の特徴

ふんわりスカートが似合わない人の特徴

丸首カーディガンが似合わない人の特徴

え、こんなに似合わないもの持ってたの・・・(^_^;)と驚くばかり。まだまだあるので、それはおいおい。似合わないものばかりに目をやっていると暗くなりそうなので。

もちろん、骨格ストレートでも着られるニットアンサンブルはあるし、サマになる七分袖もあるだろうし、丸首カーディガンも選び方なんだろうとは思うのですが。わたしが持っているこれらの服たちは、冷静にみるとベストではないものでした。

少し買い足したいな・・・と思ってアウトレットに買い物にいってきました。

 

買ったものは、

・ひざが隠れるくらいのタイトスカート

・センタープレスのパンツ9分丈

・Vネックニット長袖

どれも骨格ストレートが得意とする形です。そしてプラスで1枚、

・半袖Tシャツ

を買いました。しかし、今の流行でしょうか?この4つを見つけ出すことがほんとうに大変でした。

骨格ストレートは、トップスの肩のラインがまっすぐ(垂直?)な、定番の形が得意です。ところが、いま売られているトップスの肩のラインはみーんなちょっと落ちているのです。ラグラン袖もよく見かけます。しかも、えり元はみんな丸首、ゆるっとした身ごろ、袖は短めで飾りが付いている・・・。スカートもふわっとして短いもの、パンツはお腹周りがゆったりとしたテーパードパンツ。

どれもこれも骨格ストレートにはきびしい・・・。着てもいいけど着太りする服ばかりなのです。

世の中、ナチュラルさん用、ウエーブさん用の服であふれています。Vネックのニットですら、肩のラインを落としているものが多くてどうしようかと思いました。似合うのがかっちりした定番の服ばかりなので、骨格ストレートには受難の時代です。

それでも、INDIVI、アンタイトル、ニューヨーカー、ブルックスブラザーズ、マーガレットハウエル、セオリーあたりには骨格ストレート用の服があってうれしかったです。

とはいえ、カラーや骨格のことばかり考えていても、これはダメ、あれもダメ、ダメ、ダメ、ダメ・・・の連続で買い物がちっとも楽しくないので、色は好きに選びました。秋カラーには紺はむずかしいと言われていますが、わたしは紺色が好きなので、紺を選びました。紺もいろいろバリエーションがあるので、それも選びようだと思いますが。

この4着を足したことで、入替えができる服もあります。買取り業者さんに送ろうと思っているものもあるので、最終的に何着が手元に残るのか、ちょっと楽しみです。

 

次の記事はこちら→「服の数が75着→60着になりました

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です