ネコの暮らし ネコ日記

ネコの共同作業 おねえちゃんはぼくが守る!

数日前、くるみ(茶白♀ 通称くるさん)の通院日でした。5日ごとの点滴です。

帰宅すると、タワーの上にピーター(黒♂ 通称ピーさん)がいました。くるみはどこだろうと家の中を探しても見当たりません。たいていベッドの下か本棚の上で寝ているのですが、そこにもいませんでした。

「ピーター、くるみおねえちゃん知らない?」「しらないよ!」

 

おかしいな・・・と思って、キャリーを準備していると!

「ピーター、それはなに?」「ぼくのまくらだよ!!」「ほんと?」

 

いたっ!!くるみ!ピーターにすっぽり隠れていた!

この後、捕獲→病院となりました。

 

昨日のこと。

帰宅するとやはりタワーの上にピーター。

「ピーターただいま~」「おかあさんおかえり」「(あれ?それは・・・)」

「ピーター、それはなに?」「ぼくのまくらだよ!」

いた・・・。くるみさん(^_^;)

「今日は病院に行かないよ」「だまされないわ!」

「おねえちゃんをつかまえるなんてゆるさないぞ!」「くるみもゆるさない!」

この後、放置(そんなに怒った顔しなくても(''_''))。

 

なんでしょうかこの共同作業。くるみを隠す契約でもしているのでしょうか。だとしたら完璧な仕事ぶり。最近帰宅してもピーターのお迎えがなかったのでおかしいなと思っていたのですが・・・。

涼しくなってきたので、二人でくっついていても心地よいのでしょうね。

ネコの状態で季節の移り変わりに気づきます。

 

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

marigold

1970年東京生まれ/都内で夫とネコ2匹と暮らす/30歳でひとり暮らしを始めるまで、実家でひたすら「自分博物館」を作り上げ、その後大規模の片づけをくり返すうち自分なりの片づけの哲学にたどり着きシンプルライフに移行/ミニマリストを目指して暮らしを整え中/「したいことだけする、したくないことはしない」の意味が最近わかり始めたところ/ 英語学習ブログ「シンプルに、英語」も運営中。

-ネコの暮らし, ネコ日記