ネコ日記 ピーターの体調不良

ピーターの体調不良 ごはん食べません

くるみ(茶白♀ 通称くるさん)が回復に向かうなか、ピーター(黒♂ 通称ピーさん)の様子がおかしくなりました。ごはんを食べないのです。

日曜日にはひだまりでのんびりしていたのに。

でも、日記をみると土曜日からカリカリの減りが遅く、少し心配ではありました。だいすきなスープはなめていたのですが、カリカリを食べません。

火曜日の朝、ピーターが吐いた跡を発見しました。ごはんを食べていないので、固体はなく黄色っぽい液体でした。わたしより先に帰った夫によると、帰ったらやはり吐いた跡があったと。こうなったらもう病院へ連れて行くしかありません。

体重は5.25㎏。食べていないので減っていますね(8月の脱毛騒ぎのときには5.45㎏)。

なにかを誤飲して詰まらせたわけでもなく、内臓も問題なさそう。朝遊んだ時の、おもちゃへの喰いつきもよく、ぐったりとだるそうにしているわけでもない。

食べない以外は、全然問題ないのですよね(^_^;)

点滴と吐き気止めを打ってもらって帰りました。今の段階では、検査やお薬といってもどうしたらいいのかわからないため、できる処置をしてみて様子を見ましょうということでした。

先生によると、急に冷えたため、天候が原因でごはんを食べないネコさんがちらほらいるようです。様子をみていると数日で戻るネコさんもいるとか。ピーターもそうなってくれることを願って病院を後にしました。

夜には、おやつを少し食べ(おやつは食べる。なぜだ)、スープも少しなめていたのでひと安心。これで食欲が戻れば問題ない、というわけです。

ところが・・・!!そう簡単には、戻りませんでした。2日経った木曜日、ふたたび病院行きとなりました(涙)。

だって食べないんだもん(/_;)

 

つづきます。

次の記事はこちら→「ピーターの体調不良 様子をみています

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

marigold

1970年東京生まれ/都内で夫とネコ2匹と暮らす/30歳でひとり暮らしを始めるまで、実家でひたすら「自分博物館」を作り上げ、その後大規模の片づけをくり返すうち自分なりの片づけの哲学にたどり着きシンプルライフに移行/ミニマリストを目指して暮らしを整え中/「したいことだけする、したくないことはしない」の意味が最近わかり始めたところ/ 英語学習ブログ「シンプルに、英語」も運営中。

-ネコ日記, ピーターの体調不良