30日間プランクチャレンジをやってみた結果と感想~お腹は凹みません!!!

年に今年の目標を立てたとき、来る50代に向かって身体のメンテナンスをすることを挙げました。50代になるのは2020年なのですが、今年既に49歳を迎え、いよいよカウントダウンが始まりました。体力をつけるためにも、ゆるんだ身体をこれ以上ゆるめないためにも、自宅でできるトレーニングを探していたときに見つけたのは「30日間プランクチャレンジ」。今回は、30日間プランクチャレンジをやってみた結果と感想について書いてみたいと思います。
2019年の目標についての記事はこちらから→「2019年の目標

この姿勢をキープする時間を、少しずつ長くするのがプランクチャレンジです。

“30日間プランクチャレンジをやってみた結果と感想~お腹は凹みません!!!” の続きを読む


【親知らずを抜くはなし】麻酔が効かない!予想外に手こずった右下の抜歯

虫歯になってしまった左下の親知らずを抜いてからちょうど1カ月が過ぎ、右下の親知らずも抜いてきました。今日は、左下を抜いたときとは違った、右下親知らずの抜歯について書きたいと思います。
前回の記事はこちら→
【親知らずを抜くはなし】はじめての大学病院
【親知らずを抜くはなし】15分であっさり抜けました。案ずるより抜くが易し
【親知らずを抜くはなし】親知らず抜歯は、口の中の片づけだった!


何回行っても、歯医者さんは緊張します。

“【親知らずを抜くはなし】麻酔が効かない!予想外に手こずった右下の抜歯” の続きを読む


【親知らずを抜くはなし】親知らず抜歯は、口の中の片づけだった!

2週間前に抜いた親知らずの経過を見るために、診察を受けました。
前回の記事はこちら→
【親知らずを抜くはなし】はじめての大学病院
【親知らずを抜くはなし】15分であっさり抜けました。案ずるより抜くが易し

 

経過は良好。特に問題もなく、診察は10分で終わりました。
そして、2週間後に今度は右下の親知らずを抜歯するために、再びレントゲン写真を見ながら説明を受けました。右下の親知らず用の同意書(内容は前回左下を抜いたときと同じもの)を取り付けてサインしました。

右下の親知らずは、左下のように神経に近いということもないのでそんなに大変でないとは思うのですが・・・「前回のように痛みも腫れもなく、となるかはわからないので・・・」と、抜く前の体調管理はしっかりするように言われました。抜いてみないとわからないということですね。承知しました先生。

診療代の230円を支払って帰宅する途中、親知らず抜歯は口の中の片づけなんだな・・とふと思いました。今回は、親知らず抜歯と片づけの関係について書いてみたいと思います。


身体のメンテナンスも片づけのひとつなのですね

“【親知らずを抜くはなし】親知らず抜歯は、口の中の片づけだった!” の続きを読む


歯の定期検診を受ければよかった。リタイア前にやるべきだった後悔ランキング

水曜日に抜いた親知らずの痕も、おかげさまで5日経っても腫れたり痛んだりせずに過ごしています。抜いた後の穴はまだ安定していませんが、特に心配はなさそうです。

新年明けてすぐに書いた記事「2019年の目標」では、目標の一つとして身体のメンテナンスについて触れていますが、昨年後半からは、特に歯のことに気を遣っています。

というのも・・・・!

この写真が出てきたからなのです。

リタイア前にやるべきだった、後悔ランキング

「リタイア前にやるべきだった…」後悔ランキングです。なかなかショッキングなタイトルですね。

写真は、NHKの朝の人気番組あさイチの放映中にTV画面を撮ったものです。撮影記録をみると2014年11月8日なのですが、放映日がその日だったのかはもうわかりません(^_^;) 興味深いと思って撮ったのだと思います。

しかも、よく見るとこれはあさイチの独自データではなく、出所は「プレジデント(2012.11.12号)より」とあります。データそのものは2012年のものなんですね。

これは主に健康に関することですが、実際にそう思っているアンケートなので信ぴょう性があります。自分の将来、特に健康のことは未知なのでこういった意見を参考にすることはとても意味があります。今回は、このランキングについて思うことを書いていきます。

“歯の定期検診を受ければよかった。リタイア前にやるべきだった後悔ランキング” の続きを読む


【親知らずを抜くはなし】15分であっさり抜けました。案ずるより抜くが易し

前回、親知らずを抜く準備をするために大学病院に行った話を書いてから早ひと月半。大学病院の一方的な都合で2週間先延ばしになり、本日やっと抜歯の日がやってまいりました。

緊張する。。。と、前日夜からソワソワ落ち着かなかったのですが、思いのほかあっさり終わりました。今日は、いよいよ親知らずを抜いた体験について書いていきます。
前回の記事はこちら→ 「【親知らずを抜くはなし】はじめての大学病院

親知らずの抜歯は、人により治療にかかる時間や痛み、身体への負担は違いがあるということです。歯の大きさや生えている角度、骨や神経との近さなど、一人ひとりまったく異なるので、わたしの経験は、参考程度にしていただけるとありがたいです。

下の親知らずを抜くのは初めて。緊張します・・・。
“【親知らずを抜くはなし】15分であっさり抜けました。案ずるより抜くが易し” の続きを読む


【親知らずを抜くはなし】はじめての大学病院

歯科定期健診で、左下の親知らずに虫歯が見つかりました。隣の歯に影響が出てくるかもしれないし、温存する理由もないので、抜く方向で話が進みました。

上の親知らずは、2本とも抜いているのでもうありません。抜いたときも特に腫れることはなく、大変なことはなかったのですが、下の親知らずになると事情が違ってきます。今回は、親知らずを抜くことになって、大学病院の診察を受けたことを記録します。

歯医者さんは苦手・・・(涙)
“【親知らずを抜くはなし】はじめての大学病院” の続きを読む


コンタクトレンズが曇ってしかたない、という話 替えたら解消しました

コンタクトレンズ歴、30年です。高校2年生の冬からハードコンタクトレンズを使用しています。近眼です。

当時は、酸素透過性が高いシードのHi-O2(ハイオーツー)というのが発売されたばかりで、それを買ってもらって着けていました。当時でも結構なお値段だったと思います。
その後、シードからまたまた高酸素透過性のA-1(エーワン)というのが発売されて、それも着けた記憶があります。

それからずっとハードのコンタクトレンズを使用していますが、30代~45歳くらいまで悩まされていた、コンタクトレンズの「ある現象」が、そういえばここ2年ほど出ていないな、と気づきました。今回は、曇ってしかたないハードコンタクトレンズの謎と、どう解消したかについて書きたいと思います。

“コンタクトレンズが曇ってしかたない、という話 替えたら解消しました” の続きを読む


【40代最後のダイエット】体重計とわたし

今年は寒い日が多く、身体も脂肪を蓄えたい季節です。でもそんなこと言ってられません。

それは・・・新しい体重計が届いたから(≧∇≦)

今回は、40代のダイエット、どうしましょ?について書きたいと思います。

久しぶりに体重計に乗ってビックリしましたよ!

“【40代最後のダイエット】体重計とわたし” の続きを読む


冷え対策に効果があるというニンジンりんごジュースを再開しました

冷えは万病のもと、と言われるように、身体が冷えるとさまざまな身体の不調を引き起こします。筋肉の少ない女性は特にこの現象があるようで、何年も前から「冷えとり」といって身体を冷やさない生活が注目を浴びています。最近は「温活」なんて言ったりしますね。

冷えない生活として効果があるという、ニンジンりんごジュース。医学博士の石原結實先生がすすめています。この方の本を読むと必ずと言っていいほど出てきます。あとはしょうが紅茶。ニンジンもりんごもしょうがも身体を温める食品ですが、毎日コンスタントに採るのはちょっと難しいので、ジュースにしたりお茶に入れたりで摂取していきましょうということですね。 “冷え対策に効果があるというニンジンりんごジュースを再開しました” の続きを読む