【iPhone11設定失敗物語・2】なぜこの電話番号に認証が来るのでしょうか

最新のiOSが愛用中のiPhone6に対応していないことに気づいたため、iPhone11に買い換えることにしました。

買い換えまでは問題なく進めたのですが、帰宅して設定を始めると途中でつまずいてしまい早速サポートへ電話をかけることに。今回は、どこでつまずいて、どんな対応をしたのかを書いていきます。

 


いやー、まあ本当に初歩的な失敗だったのが今になればわかりますが、謎に包まれている状態だとわからないのですねー。


アクティベーション完了

まずは、iPhoneを使うための初期設定をします。言語の登録など基本的なことを選択し、顔の登録をします。iPhone11は指紋認証ではなく、顔で認証するのです。画面に現れる丸に合わせて顔を首からぐるぐる回します。これをもう1回繰り返し、登録完了。顔認証は使ってみてわかりましたが、すっごく便利です!

また、今までと同じようにパスコードも登録します。4桁→6桁になっていました(4桁も選択できるようです)。

アクティベーションの途中でAppleIDの入力もあり、もちろんパスワードも入れてサクサク進みました。新しい機能の紹介もありましたが、あとでゆっくり見ようと思いスキップしました。

このあとは、バックアップからの復元→mineoプロファイルのダウンロード→iPhoneを探すをオンにし→LINEの引継ぎをすれば、すべてOK!

な、はず・・・。

バックアップからの復元、完了

アクティベーションが問題なく終わり、iTunesにつないでバックアップからの復元をしました。変えたばかりのパスワードも認証され、緊張しながら見守りました。

前回2015年に4Sから6に換えたとき、iTunesとiPhone6のiOSが違ったままで上手くいかなかったことを思い出しました。そのときもサポートに電話して教えてもらってすぐにできたので、サポートの人はすごいなぁと思ったのを覚えています。

今度はどうなんだろう?と思いながらやってみたら、あっさり上手くいきました。特に問題なく進み、拍子抜けするほどでした。

問題が発生したのはここからです。

AppleIDパスワードを求められる。入力すると

バックアップからの復元が終わり少しすると、AppleIDパスワードを入れてくださいというポップアップが画面に出てくるのです。


↑こういうのです。

設定を押すとパスワードを求められ、パスワードを入力すると「2ファクタ認証」で6桁の番号を求められます。

これがいけない。

いつも使っているガラケーの番号にSMSが来ないのです。iPhone6を使っていた時にはずっとガラケーの番号に来ていました。当然そっちに来ると思っていた認証の番号が来ないのです。

番号がこない場合、再送信できるようになっているのですが、わたしの認証番号は、どうやら***-****-**00(仮)という電話番号に送られているらしいことがわかりました(画面上でも末2桁以外は伏字になっています)。

***-****-**00。

知らん。

・・・いや、知ってる。これはまさか?

格安SIMカードに付与されている電話番号(使用不可)に認証番号が来ていた

わたしが使っていたiPhone6は、そもそもauで契約したものでした。が、通信料を安くしたくて格安SIMカードに換えたのです。その時、電話番号はガラケーに機種変更し、格安SIMカードは通話ができないシングルタイプのデータ通信のみにしました。

しかし、この格安SIMカードにも電話番号が付与されていたのです。
その番号が***-****-**00。ちーん

iPhone6を使っていたときには、AppleIDの認証番号はガラケーの番号に来ていたのに、iPhone11にした途端、なぜこっちの番号に来るのだ!なぜっ!!なぜだ!!!使っていない番号だから受け取れないではありませんか。

機種変更前にバックアップ用のパスワードを変えた時にはガラケーのほうに来てたのに。ほんの数時間前のことです。

しかし、これを乗り越えないことには設定が終わらない。仕方なく、サポートに電話することにしました。だって、”今はしない”を選択しても次々に同じポップアップが出てきちゃうのです。なにこれ?バグ?

AppleIDの復旧をリクエストすることになった

サポートの人に現状困っていることを伝えると、サポートの人もちょっと困っている様子。もしかしてあまり詳しくないのかもしれない・・・と思いつつ助けを求めると、ネットで検索して目にしていたワード「AppleIDの復旧」を説明されました。

これは、2ファクタ認証を使っている人がパスワードをリセットできなくなったりサインインできなくなったりしたときに、復旧をリクエストして認められれば再び従来のAppleIDを使えるようになるしくみ、とのことです。サポートの人は「お時間かかります。24時間かかります」と言っていましたが、24時間であればLINEの引継ぎ72時間以内に間に合います。
※LINE引継ぎは36時間以内だとその後複数人に聞いたのですが、アップルストアの人には確かに72時間って言われたのですよね・・・。3日あれば大丈夫ですね、と。記憶違いなのか?今となってはもうわかりません。

サポートの人に言われるままにパソコンからAppleIDでログインし、格安SIMカードの電話番号***-****-**00を入力し、登録しているクレジットカードの番号と有効期限とセキュリティコードを入力し、ガラケーの番号を認証コード送り先に指定しました。
※今認証コードが送られてきている***-****-**00の番号を知っているかどうか、登録クレジットカードの番号を知っているかどうかで復旧にかかる時間が変わってくるとのこと。要するに本人確認をしているのですね。そもそも復旧自体が不正使用を防ぐためのシステムだというのですからこれを知っていることは大きいのでしょう。復旧リクエスト後の24時間で、iPhoneにどんなアクセスがあるのかを見張る・・・ようなことも聞きました。

そして、ガラケーの番号を指定した時にガラケーのSMSにまた6桁の番号が来たので、それも入力する必要がありました。が、サポートの人とガラケーで話しているから6桁の番号が見られなーい!見られるのかもしれないけれど、見方がわからなーい!

仕方なくそこで電話を切って手続きを進めることにしました。

サポートの人によると、その後リクエストされれば、パソコンからAppleIDでログインした後に24時間待ってくださいという案内が見られるはずですので、とのことでした。電話を切った後の手続きはすんなり行ったので、確認すると確かに「24時間待ってほしい。復旧が整ったら新しく指定したガラケーに連絡する」という旨の案内がありました。

わたしとしては、24時間後には使えるようになるのね!と解釈しましたが、思った以上に心配だったのでしょうねー。その後もAppleID復旧リクエストをしたことある人の経験談をネットで探し回りました。

24時間じゃ終わらないことが判明

すると、多くはないですがいくつかの体験談に行き当たりました。

わたしと同じように、もう使っていない電話番号に認証コードが来てしまっていて受け取れないけど、その電話番号を忘れてしまったとか。いったいどの番号にきているのか見当すらつかないとか。

仕方ないからAppleIDを新しく取り直したとか←この仕組みがいまいちわからないのですが、取り直して解決するのかな?

特に目を引いたのは、復旧までにかかる時間です。14日かかったとか、ひどいと50日以上かかったとか。そんな不便を強いているアップルに腹さえ立ちました。

どれも2015年とか2017年の記録だったので、それよりは短くなっていることを願いつつ眠りにつきました。

もうLINEの引継ぎは無理だろうな。
なんでこんなことに。これ防げないものだろうか・・・。

SMSを使えるようにすればいいのか!

よほど心配だったのか、夜中に目が覚めました。

そうか。格安SIMカードの番号、***-****-**00でSMSが使えるようにすればいいのか!!

寝ながら考えていたのでしょうね。深夜でしたが、mineoのマイページからSMSのオプションを申し込みました。SMSは通話無しの契約でも使えるのです。

幸いわたしはAプラン(auプラン)を使用中だったので、SMSのオプションはSIMカードを換えなくても使えることがわかりました。D(ドコモ)プランやS(ソフトバンク)プランの場合は、SIMカードの交換となり時間がかかるとか。

これはラッキー!と思いさっそく申込みしました。申込み完了のメールがmineoのアドレスに届いているようですが、それが届いているiPhone11が使えないんだってー!!と思いながら再び眠りにつきました。

夜中にごそごそやっている母をみて、茶白ネコのくるみは不思議そうな顔をしていました。

ところが、このSMSのオプションもつまずくことになったのです・・・!

 

続きます。

次の記事はこちら→【iPhone11設定失敗物語・3】契約したにも関わらずSMSが受信できない

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください