【少ない服で暮らしたい】本当のお気に入りが5着ってなんだそりゃという話

季節が変わるタイミングで、クローゼットの整理をしています。

(自称)骨格ストレート、秋カラーの自分に合った、本当にいい服に囲まれるべく、服を見直しておりますが。。。

前回の記事はこちら→「ふんわりスカートが似合わない人の特徴

自分に似合わない服を抜いていき、冷静に数えてみると、いま全力で気に入っている服は、5着でした。

5着!!

5着?マジですか!!!(◎_◎;)

(70着程度は持っています)

飼い猫のくるみ(茶白♀ 通称くるさん)もヤサグレてしまうこの結果。なんだそりゃって話です。

 

内訳は、この5つ。どれも骨格ストレートが得意なタイプの服です。

・デニムジャケット(Gジャン)

・ノースリーブのリバティ柄ブラウス

セントジェームスのウェッソンカットソー

マーガレットハウエルの白シャツ

・ストレートデニム

 

もちろん他の服も気に入っています。全部気に入っています。でも、全力かと言われれば即答できない(^_^;)

形とかサイズとか妥協して買ったものもあり、機会があればアップデートしていきたいと思うものがたくさんあります。

たとえば、センタープレスのパンツ。ちょうどいいサイズがなく、小さめと大きめで大きめを選び、案の定ちょっとブカブカ。。。(わたしが痩せたとかいう景気のいい話ではありません。でも小さめはぱっつんぱっつんだしね)しかもチャコールグレーで、黒とどっちがいいか?という選択肢で選んだものです。黒は着ないので、チャコールグレーを選んだのですが似合うかといえばそこまで似合うわけでもなく。。。

たとえば、Vネックのニット。首回りはすごくいいのに、身ごろが少しゆったりめのデザインで、もっさり見えてしまいます。

たとえば、紺のクロップドパンツ。骨格ストレートにクロップドパンツは脚が短く見えてしまいあまり得意ではないとのこと。たしかに短く見えますー。知らなかったっす(つД`)ノ

というように、気に入って着ているうちに、服の癖と自分の身体の特徴が見えてきて、ははーなるほど。。という理由で合わなくなってくる、というわけです。

それでもそれぞれ気に入って着てるので、すぐに手放すことはないと思います。

チャコールグレーのセンタープレスパンツはきちんとして見えるので、シチュエーションによっては重宝します。

Vネックのニットは、オンでもオフでも着やすいし、似合うもののひとつなので、もうひとつ欲しいと思っています。今のがライトグレーなので、次は秋カラーで身ごろが普通の幅のものを買うでしょう。

紺のクロップドパンツはスタンダード丈のストレートパンツが見つかったらそれと入れ替えになるでしょう(紺色は秋カラーにはあまり合わないと思いますが、好きなので着ます)。もしセンタープレスでいい紺のパンツが見つかれば、チャコールグレーのパンツも抜いてもいいかもしれませんね。

もうこうなると、吟味に吟味を重ねないと買えません。気軽に服が買えなくなります。これはいい傾向です。慎重に買い足し、入れ替えをしていけば、むやみやたらに服が増えることがなくなりますから。

 

片づけには、

①今あるものをなんとかする

②これから入れるものをとことん吟味する

という2つの側面がありますが、毎回クローゼットの整理をするたびに、①と②を何度も行ったり来たりしてヘトヘトになります。

キッチンやリビングの片づけとは違い、「自分を表現する」ことがダイレクトに関わってくるだけに、慎重になりますね。。。年齢と共に変化しますし。変化を受け入れなくてはいけないですし。

自分と向き合って内側を、客観的に外側を、バランスを取りながら進めるので難しいです。だからこそ、やりがいがあると思います。

この先、5着が何着に増えるのか?とても楽しみです。

似合わなくても好きで買っちゃう服が、これからも出てくるでしょう。でも、似合わな過ぎて事故を起こすことだけは避けたい・・・。完璧を目指すと疲れるので、適度に失敗しながら楽しく整えたいと思います。※ここ大事です

 

さっ、買い物行くかなー♪(←危険(^ ^))

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です