【イタリアに行こう♪11】イタリアでいちばん美味しかったもの。それはジェラート。お店は素朴な佇まいでした

今回のイタリア旅行で楽しみにしていたもののひとつは、ジェラートでした。

冬、しかも真冬ですがジェラートは食べたい!のです。

フィレンツェの街中にジェラート屋さんが溢れています。ちょっと行くとジェラテリア、ジェラテリアでないところでもジェラートは売られています。

しかし、事前調査しておいた、ちょっと地味なジェラテリア、Gelateria della Passera のジェラートがすごくおすすめです。

なぜここで食べようと思ったのか。それは、上質なジェラートはすぐに溶けてしまうので、容器のふたを開けっぱなしにはできない。派手な盛りつけをしているジェラート屋さん(ジェラートケースのふたを開けたままで盛り盛りでディスプレイしている)は、ふたを開けたままにしておいてもジェラートが溶けたりしないように作っている、つまり何か入っている可能性が。。。という記事を読んだからです。そこで紹介されていたのが、このジェラテリア Gelateria della Passera だったのです。

訪ねてみると、たしかに派手さはありません。

 

でもお客さんが次々と入っていきます。2組も入ればいっぱいになってしまうくらいの小さいお店で、イートインスペースもありません。

ジェラートケースのふたは閉められているので、ガラスケースにあるPOPで選びます。夫はヴァニラをコーンで、わたしはチョコレートをカップで注文しました。

なんと、お会計は2つで€2。ひとスクープ€1、というわけです。安い、安すぎる!!

ヴァニラは写真忘れました・・・

そしてその味といったら、すごく滑らかで濃くて、どっしりとチョコレートの味がしました。へんな後味もないし、美味しいぃぃぃぃ!

結局ここには、その2日後も食べにいきました。そのときは、ピスタチオとふたたびチョコレートをコーンで。これも€2です。

ピスタチオのジェラート、今まで日本やラスベガスやらで何度も挑戦していますが、初めて美味しいと感じました。

お店の前が小さな広場になっていて、ベンチもゴミ箱もあります。

 

寒いけど食べたいジェラートに感激しました。お店の人もとても優しくて、毎日でも通いたい!と思ってしまいました。

場所はピッティ宮殿のすぐ近くです。インスタ映えはしませんが、信頼できるお店だな、と感じました。

結局今回は、ここ以外でジェラートは食べませんでした。

【イタリアに行こう♪12】フィレンツェのごはんは中央市場で。まずはパスタに挑戦です。混雑していますがすぐに座れますよ!

【イタリアに行こう♪】全エピソードもくじ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください