【少ない服で暮らしたい】本当にいい服がいくつかあればそれでいい

服が多い。。。。(-_-;)

クローゼットを開けるたびに気が滅入ります。服が多いのです。服同士が押し合いへし合いで居心地が悪そうです。

ごめんよ、服っ!わたしの服っ!!

とはいえ、自他共に認める片づけ魔のわたしです。服は、全部で80着もありません。何年もかけて、減らしてきたのです。(ちなみに、服が多いなー、と感じる人は、だいたい200〜300着持っているとか。しかも無意識に)

かつて、持って良い服の数を100着と定めました。100着なら全部を覚えていられるし、管理もできると思ったのです。

・トップス30着(シャツ、ブラウス、カットソー、ニットなど)

・はおりもの20着(カーディガン、ジャケット、パーカーなど)

・ボトムス20着(パンツ、スカートなど)

・その他30着(ワンピース、コート、部屋着、喪服など)

ここを目指してやってきましたが、いつの間にか100着を切り、90着を切り、80着を切り・・・。

なのに、まだ多く感じる!なぜ!!

 

それは「本当にいい服」が少ないからです。

本当にいい服とは、高級ブランドの高い服ということではありません。本当に自分に似合っていて、着ていてうれしくなるような服のことです。

すごく好きでも、ときめいても、服を選ぶときにはそれだけではすまされない何かがあります。その何かとは、客観性。似合うかどうか、自分らしいかどうか、そんなところでしょうか。ときめきだけで服を選んでしまうと、あまりにも主観的すぎて、意図しないメッセージを発することになりかねません(服ってこわい((((;゚Д゚))))))))。

究極は好きなもの着ればいいとは思うのですが、少しでもスタイルをよく見せたいとか、クールに見られたい、かわいらしく見られたい、などの社会性を考えると、ただ好きだから、気に入っているからだけでは選べないのですよね。。。

服が多いと感じるのは、そんな「本当にいい服」でない服が増えてきたから。モノの数が適正に収まっていると、たくさんあっても気にならないものです。単に服を減らしたいのではなく「本当にいい服」を厳選して持ちたいという思いが、クローゼットの整理熱を上げているのだと思います。

夏ももう終わりに近づき、これからどんどん涼しくなります。季節の変化に合わせてクローゼットの見直しを進めていきたいと思います。

 

まずは自分に似合わないものの整理からです。

次の記事はこちら→ ニットアンサンブルが似合わない人の特徴

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です