【少ない服で暮らしたい】フレンチスリーブが似合わない人の特徴

服を厳選して持ちたくて、クローゼットの見直し中です。「本当にいい服」をそろえるために、整理、また整理。そして気づいたことがひとつ。どうやらわたしには、フレンチスリーブは似合わないらしい・・・。

前回の記事「アンサンブルニットが似合わない人の特徴」は←こちら

 

こういう袖がフレンチスリーブです。半袖とノースリーブの中間くらいかな。

(自称)骨格ストレートのわたしは二の腕が太めなので、この中途半端な袖が余計腕を太く見せてしまうらしいです。

わたし、フレンチスリーブのブラウス持っています。しかも、2枚。特にフレンチスリーブが好きなわけではないのですが、気づいたらあったって感じでしょうか。全然意識せずに買いました。

骨格ストレートには、フレンチスリーブやパフスリーブはあまり似合わないそうです。やはり華奢なタイプなウエーブさんが得意なんですって。わたしはウエーブさんに憧れているのでしょうかねぇ。ストレートに合う服も持っているんですけどね。

そんなこんなで、フレンチスリーブのブラウスとはお別れです。さようならフレンチスリーブさん。わたしの腕を太く見せてしまって、罪悪感に苛まれていたことでしょう。つらい思いをさせて申し訳なかったです。

まだまだクローゼット整理はつづきます。

次の記事はこちら→ ふんわりブラウスが似合わない人の特徴

 

この本を参考にしています。

この本も持っています。載っているアイテムがとても素敵です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です