モノを減らす 少ない服で暮らしたい

【少ない服で暮らしたい】七分袖が似合わない人の特徴

クローゼットの整理を続けています。本当に自分に合う服だけを手元に置いておきたいという決意を胸に、一歩ずつ進めているところですが・・・。

気に入っているの服なのに、いまいち自分に似合わなくて手放すことを決めるのはさみしいですよね。

わたしは骨格ストレートで、結構自分に似合わない服を持っていることに気づいて、その中のひとつ七分袖のブラウスを手放すことにしました。

同じように、骨格ストレートの方で七分袖の服にしっくり来ておらず手放そうかどうしようか迷っている方もいると思います。

しかし、わたしは気づきました。七分袖にもいろいろタイプがあるということを・・・。

中には骨格ストレートに似合う七分袖もあるのです!

今回は、わたしが七分袖のブラウスを手放した理由と、骨格ストレートにも似合う七分袖の服について書いていきます。

七分袖好きなのに、骨格ストレートだから着られないよ・・・と悲しくなっている方のお役に立てますよ。

すべての服が自分に似合う。そんな状態をキープできれば、少ない服でも暮らせます。

 

前回の記事はこちら
no image
【少ない服で暮らしたい】ふんわりブラウスが似合わない人の特徴

くる秋冬を前に、服を厳選したいと思い、クローゼットの見直しをしています。いまは、手放す服を選んでいるところです。 前回の記事「フレンチスリーブが似合わない人の特徴」は←こちら 今日はふんわりブラウスに ...

続きを見る

七分袖、素敵なんですけどね

七分袖が似合わない人の特徴とは

清楚でスリムな雰囲気がある七分袖の服。素敵ですよね。

しかし、残念ながら七分袖が似合わない人もいます。

それは、上半身の厚みがあって、ボリュームを感じさせる肌の質感がある人。

わたしも含めて、骨格ストレートと言われる人は七分袖の服は苦手です。

骨格ストレートは七分袖が苦手。華奢どころかむっちりします

七分袖は、女性らしい華奢なイメージを表現するのにぴったりな袖丈です。そして、そんな素敵な袖はわたしには似合いません。

自称骨格ストレートのわたしが着ると中途半端なんですよね。長袖のシャツの袖をめくってこの長さにすると似合うのに、なぜか最初からこの長さの袖は似合いません。むちっとした肉感が目立って、どうしても華奢な感じにならないのです。

私の持っていた七分袖のブラウスは、首まわりが浅めのスクエアーネック+Aラインで身ごろがゆったりという、言ってしまえば骨格ストレートにはトリプルで似合わないものでした。今となっては、なぜ買った自分・・・・。(でも、でも、とっても素敵なブラウスなのです!!)

というわけで、残念ながら七分袖のブラウスとは今回お別れとなりました。

七分袖のニットやカットソーもステキなんですよね。あの、女性らしい、繊細な感じが。それに、袖まくりをせずに家事もできて便利だし。

どうも、「華奢」というのがわたしが自分を見失うキーワードのようです。自分の身体が肩幅も広くカチッとした印象なので、華奢さに憧れているのでしょうね。まぁでも、無いものは仕方ないですからね。わたしはわたしのいいところを活かす方向に進みたいと思います。

もっといいブラウスにめぐりあえることを願って、今回は諦めることにしました。

ピーター

おかあさんはきゃしゃになりたいの?

なりたいねぇ。でも骨格ストレートは
上半身にボリュームがあるから
華奢にはなりにくいんだよピーター。

marigold

骨格ストレートでも着られる七分袖もあります

しかしながら、わたしは気づいてしまったのです。

七分袖にもいろいろあることに・・・。

例えばこの ↑ 七分袖のカットソー。ボートネックはOKだとしても、この袖の形は上半身のボリュームを目立たせる形だと思います。むっちりした感じが出ちゃうんですよね。この太さだと二の腕も目立ってしまいます。

対して、こちらの ↑ カットソー。こちらも七分袖ではありますが、袖のラインは真っすぐで幅にもゆとりがあり、肉感を拾いません。さらに袖口も絞っていないので腕の太さが目立たずスッキリした印象になります。

肩のラインが少し落ちているのが気になりますが、骨格ナチュラル用の服であふれている昨今にしてはそこまでの落ち感はありません。

こちらの ↑ ブラウスも、七分袖です。少々袖にボリュームがありますが、襟がNネックで、肩のラインがそこまで落ちていないので、ギリギリ骨格ストレートでも似合うと思います(ただ、多少のボリュームは出ますね。ウエストインできれば問題ありません)。

骨格ナチュラルさん全盛期の中、骨格ストレートにばっちり似合う、直線的でシンプルな形の服を探すの、結構大変ですよね。でもあきらめずに、部分的に骨格ストレートに似合う服を見つけるのは、新たな発見もあり楽しいことです。

服の数を絞るには、自分の似合う服の特徴を知っておくことが大事

少ない服で暮らしていく場合、すべての服が自分にとってのベストである必要があります。

だって、ただでさえ手持ちの服の数が少ないのに、自分に似合わない服を持ってる場合じゃないですよね?

そんな無駄遣いをしている暇はありません。

自分に似合う色、自分の骨格タイプ、自分に似合う服の形と雰囲気・・・。

自分のことをよく知って、厳選された服だけを残していきましょう。

 

そもそも骨格タイプって?という方はこちらの本をおすすめします。

電子版を買ってスマホですぐ見られるようにしておくと、買い物先でも確認出来て便利ですよ。わたしも試着室の中でこっそり確認しています。

 

七分袖が似合わない人の特徴 まとめ

今回は、気に入っていたにも関わらず、「自分に本当に似合う服しか持たない」と決めた方針から外れたために手放すことになった、七分袖の服について書きました。

今回は、骨格ストレートは七分袖が苦手だから、というだけでなく、

・七分袖である
・襟が浅いスクエアで苦しそうに見える
・Aラインで広がりすぎている

と、骨格ストレートにはトリプルで難しい形であったこと。そして着たところをよく見るとなるほど似合っていない、と判断したこと。これが理由で手放すことを決めました。

自分の骨格には苦手とされる服でも、着てみたら意外と似合っちゃうこともあるので、頭の中だけで判断してしまうのは危険です。

そして、苦手なはずなのに意外とすんなり着られてしまう服もあるので、自分には○○は似合わない、と一刀両断してしまうことがないよう、気をつけたいとも思います。

ダメだダメだじゃ楽しくもないですしね。失敗してみないと学べないことも多いです。

服に限ったことではありませんが、厳選してモノの数を減らすためには、自分と向き合うことがやはり大切なのだな、と実感しています。

次の記事はこちら→「ふんわりスカートが似合わない人の特徴

 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(物)へ
にほんブログ村

 
 

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

marigold

1970年東京生まれ/都内で夫とネコ2匹と暮らす派遣社員/30歳でひとり暮らしを始めるまで、実家でひたすら「自分博物館」を作り上げ、その後大規模の片づけをくり返すうち自分なりの片づけの哲学にたどり着きシンプルライフに移行/ミニマリストを目指して暮らしを整え中/「したいことだけする、したくないことはしない」の意味が最近わかり始めたところ/

-モノを減らす, 少ない服で暮らしたい