【少ない服で暮らしたい】七分袖が似合わない人の特徴

クローゼットの整理を続けています。本当に自分に合う服だけを手元に置いておきたいという決意を胸に、一歩ずつ進めているところです。

前回の記事「週に何度も同じ服」は←こちら

今日は、七分袖のブラウスが似合わないというお話です。

 

七分袖というのは、この長さの袖のことです。

七分袖・・・。女性らしい華奢なイメージを表現するのにぴったりな袖丈です。そして、そんな素敵な袖はわたしには似合いません!似合いません!!(2度言った)

なんか、わたしが着ると中途半端なんですよね。長袖のシャツの袖をめくってこの長さにすると似合うのに、なぜか最初からこの長さの袖は似合いません。なんでだろ(*^_^*) 骨格ストレートだから?←自称骨格ストレートです。どうしても、華奢な感じになりません。

というわけで、残念ながら七分袖のブラウスとはお別れとなりました。

私の持っている七分袖のブラウスは、首まわりが浅めのスクエアーネック+Aラインで身ごろがゆったりという、言ってしまえば骨格ストレートにはトリプルで似合わないものでした。なぜ買った自分・・・・。(でも、でも、とっても素敵なブラウスなのです!!)

七分袖のニットもステキなんですよね。あの、女性らしい、華奢な感じが。それに、袖まくりをせずに家事もできて便利だし。違うか。

どうも、「華奢」というのがわたしが自分を見失うキーワードのようです。自分の身体が肩幅も広くカチッとした印象なので、華奢さに憧れているのでしょうね。まーでも、無いものは仕方ないですからね。わたしはわたしのいいところを活かす方向に進みたいと思います。

もっといいブラウスにめぐりあえることを願って^^

 

次の記事はこちら→「ふんわりスカートが似合わない人の特徴

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です