お金のこと 暮らし日記

ついに通信費は約2,000円!ガラケーを4Gにしたのち、結局auを去った理由

2021年4月20日

携帯大手3大キャリアからそろって発表された格安新プラン、2021年3月からサービスが本格スタートしました。

どのキャリアの新プランもサービスの内容と金額にそこまで差が無いように思えましたが、ドコモが突然月額2700円(税抜)まで値下げをしたことで動きが変わったようです。

ピーター
税込みで月額3,000円以内はインパクトが大きいね!
申し込み殺到で手続き停止になったほどの人気なんだって
くるみ

 

そんななか、わたしは3大キャリアの新プランには目もくれず、ガラケーとスマホの2台持ちを続けてきました。20GBも使わないし、月3,000円前後でも「まだ高い」と思ったからです。

しかし、あることがきっかけで2台持ちからスマホのみの利用に切り換えました。

今回は、ガラケーとスマホの2台持ちで通信費を低めにキープしてきたわたしが、結局ガラケー使用をやめて格安SIM一本に絞った経緯を書いていきます。


突然ガラケー使用をやめたその理由は・・・パケ死

 

通信費はauのガラケーとmineoの格安SIMカードで約2,500円/月

わたしは長年、ガラケーとスマホの2台持ちをしてきました。ガラケーはau3Gケータイで、無料通話つきとキャリアメールを使えるプランでひと月約1,4001,500円(SSシンプル+EZ WINコース)。スマホはmineo3GB、通話無しシングルで約1,000円。これで充分足りていました。

電話もそこまで使わないし、自宅にはWiFiがあるし、せっかくの3GBも使いきれずに翌月に持ち越して計6GBになっても結局使いきれず。。。を延々と繰り返してきました。

3大キャリアが20GB3,000円ちょっとのプランを出しても「そんなに使いきれないし」と興味を持つこともありませんでした。

 

 

あわせて読みたい
ケータイ・スマホの料金を見直し。ムダを削って3500円→2500円になりました

続きを見る

 

ガラケーとスマホの2つを管理する必要があったとしても、そのほうが便利だったのですよね。2台持ちは2015年12月からなので、約5年半続けました。

 

3G20223月でサービス終了。ガラケーを4Gにしてみたら、パケ死

20223月で3Gが終了になるのでスマホにしませんか?という案内がauからちょくちょく入るようになり、2台持ちを続けるにしてもガラケーを換える必要があることに気付きました。

これまで使ってきた3Gの契約と同じように使えて通信費も変わらないなら、4Gの端末に換えて、ガラケーとスマホの2台持ちを続けようと思い調べたところ、au側からは「今までとそんなに変わりませんよ」という説明を受けました。端末も無料で4Gのものに換えてくれるということなので、案内に従って2台持ちを続けることに決めました。auの4GガラケープランはVKプランS(N)+LTE NETで月額約1,500円。メールは使うのでLTE NETには加入しましたが、ネットは使わないので、3Gのときと同じくデータ定額サービスには加入しませんでした(つまり、使った分だけ支払うということ)。

今から思えばそれが大きな間違いだったのですね。
でも、auサポートの人も「4Gにしても今までと同じくらいのお値段で使えますよ」
としか言わなかったし・・・。
marigold

 

乗換えは、すべて電話サポートで済ませました。

新しい端末が自宅に届き、自力で電話番号の引越しを済ませ、今までと同じように使うこと約10日。怪しいお知らせがSMSに届きました。

 

「パケット通信料が10,000円を超過しております」

 

な、なんですと!!

4Gのガラケーを使い始めてから約10日。10日で10,000円て何ソレ!!

すぐに問い合わせたところ、確かにそれだけ使っていると。そして、なんといつ使ったのかはわからないということでした。わからないんだか、教えられないんだか??

そんなことある?

対策できないじゃない!

ガラケーからネットにアクセスしたことはありません。キャリアメールで写真のやり取りをしたこともありません。だいたいキャリアメールに入ってくるメールなんてauからのお知らせが11通あるかないかくらいで、それを受信していただけで10,000円行きますかね。。。

ピーター
だったら最初からメールを使えるように
しなければよかったんだよおかあさん!
うっ・・・それをいわないでよピーター。
キャリアメール手放しがたくて、つい、ね。
marigold

auに相談して救済措置を取ってもらい、auを去ることを決意

3Gガラケーのときと同じ使い方をしていて、「同じくらいの料金で使える」ということで4Gに換えて、ダブル定額に加入せずに使って10日で10,000円ってどういうことですか??なんとかできませんか?

と相談したところ、さかのぼってデータ定額サービスに加入することで今回超過した分は来月以降の使用料から差し引くか、返金いたしますという対応を取ってもらいました。

問題は、なぜこんなことになったのか?ということでしたが、auには明確に答えてもらませんでした。

わたしが考えるに(詳しくないのでおそらく、なのですが・・・)

4Gは速度も速く1回の操作(メール受信等)に使われるデータ数が大きく、3Gでモタモタやっていていた時とは比べものにならないくらいパケット通信料がかかってしまう、ということなのではないかと思います。

プラス、4Gガラケーの操作に慣れておらずなんだかんだやっているうちにデータ通信を使ってしまっていたか。。。

くるみ
どっちもありそうだねおかあさん!
そ、そうだね(^_^;)
marigold

 

どちらにしても、怖くてもうガラケーは使えません。

こうしてわたしは、auを去ることに決めました。

marigold
キャリアメールも、もう要らん!こわい!!

 

mineoの格安SIMで通話もデータ通信もまかなって約2,000円/月に落ち着く

結局、iPhoneのデータ通信のみで契約している、mineoの格安SIMに通話もつけることにしました。留守番電話が使いたかったので、唯一留守電機能が付いているS(ソフトバンク)プランにしました。

最終的には5GBデュアルタイプ(月額1,518円+通話料)で2,000円以内/月にしようと思いますが、3ヵ月の割引キャンペーンを狙って最初の3ヵ月は10GBにしました。

くるみ
キャンペーンが終わる前に
切替をわすれないでね、おかあさん!
mineoのキャンペーンはこちらから
ピーター

 

パケ死からガラケー(au)を去り、格安SIMにしぼったはなし まとめ

今回は、4Gガラケーに換えたことで大金を請求されることになった災難から、便利に使っていた2台持ちをやめて、格安SIMひとつにまとめた経緯を書きました。

特に、3Gガラケーから4Gガラケーに換える方には「換えたら何が起きるのか、通信量は3Gのときと何が大きく違うのか」については、とことん確認することをおすすめします。特に、「ガラケーでネットは使わない」方、注意です!わたしのような目に遭う人がひとりでも減りますように。

とはいえ、自分の情報収集の甘さも反省しています。

今回のことで、手放すのが惜しくてこだわっていたキャリアメールも結局不要だったことがわかりましたし、通信費を増やしてまで(データ定額サービスをつけてまで)2台持ちをしたかったわけではないこともよくわかりました。

ガラケーはメールやネットを使わないプランのみで完全に通話用として残すやり方もあったと思うのですが、あのときはただauから逃げたい気持ちが大きくて今回はこのような結果となりました。

選択肢が多すぎるいま、自分に合った通信プランを見きわめるのは難しいものなんだなぁと知りました。ただ一つ言えることは、おトクに見えるものでも、自分にとってお得とは限らないということです。

「20GBで約3,000円?安い!!」
  ←20GBも必要ないなら特にお得ではない

「え、プランを換えたらスマホくれるの?すごい!」
  ←スマホをもう持っていたら要りませんよね

実際、ガラケーをやめる話をしたら「スマホに切り換えたら端末プレゼントします」とかなり引きとめられました。もうiPhone持っているので要りませんと冷静に断りました。

結局ガラケーとスマホ2台持ちの時より通信費がグッと減ったので結果オーライではあるのですが。新しく加入した格安SIMのプランも使ってみないとわからないので、しばらくして不具合等がでてきたらまた見直そうと思います。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(物)へ
にほんブログ村

おうちがいちばん  ネコと夫婦と平和な暮らし、そして日々感じることブログ - にほんブログ村

-お金のこと, 暮らし日記

© 2021 シンプルに暮らす Powered by AFFINGER5