ゴールデンウィークは、フライパンを磨こう。1時間ちょっとでピカピカになりますよ

連休中にやろうと思っていたこと、それは「鉄のフライパンのお手入れ」です。

7年くらい前に買った鉄のフライパン。定期的に焦げ落としのメンテナンスをしています。始めてしまえばすぐ終わるのですが、なかなか思い腰を上げられない・・・。

今回は、3年ぶりに鉄のフライパンを磨き、焼きを入れた(この言い方でいいのかな)ことについて書いていきます。


1時間ちょっとで終わるのですけどね。めんどうで後回しになってしまいがち

鉄のフライパン、いいところ残念なところ

うちでは鉄のフライパンを使っています。合羽橋で買いました。

それまではテフロン製を使っていましたが、寿命が短く定期的に買い換えないといけないため、扱いはめんどうかもしれないけれど、鉄のフライパンに挑戦しようと買ってみました。


↑ 最近の鉄のフライパンは空焼き不要!なんと!

鉄のフライパンのいいところは、テフロンのように定期的な買換えが不要なこと。手入れをすればずっと使えます。そして、鉄欠乏性貧血気味のわたしには、鉄分も採れるし(劇的な効果は期待できませんが)、なにより鉄のフライパンが使えるってなんかカッコイイです。

反対に残念なところは、重いところ、定期的にメンテナンス(焦げ落とし)が必要なこと、でしょうか。

フライパンが焦げ付くとどうなるか

鉄のフライパンは、ずっと使っていると焦げ付きが落ちにくくなってきます。表面がでこぼこしてくるのですね。よく見ると、汚れが層になっている・・・ように見えます。

そうすると、料理するたびに汚れがこびりつき、洗うのに時間がかかります。食材がはりついてしまったフライパンはもう悲劇的で、もちろん料理の見栄えもよくありません。餃子の皮がくっついて、片面が皮無しの状態になってしまったり。

まずは磨いてみましょう。やすりで焦げ落とし→仕上げ

では、焦げを落としていきましょう。クレンザーで落とす、というのもやり方としてあるようですが、うちにはクレンザーが無いので、フライパンに霧吹きで水をかけながらやすりで磨きました(霧吹きでなくサッと濡らすだけでもOK)。

・80番のやすり
3年前、工具屋さんでフライパンの焦げを落として磨きたい、と言ったら勧められたのが80番のやすりでした。これを小さく切ってフライパンをこすります。

黒い粉がたくさん出ます。触ると手も真っ黒に。着ているものが汚れないよう注意が必要です。

力が要るので、可能なら二人でやったほうがいいですね。※密に注意

時々黒い粉を落とすために水洗いをし、ふたたび磨いていきます。これを数回繰り返します。

80番のやすりは荒いので、傷ついたような感じになりますがそれで大丈夫です。

・340番のやすり
ふたたび工具屋さんに勧められた、仕上げ磨き用のやすりです。同じように小さく切って磨きますが、80番の時ほど力も時間もかかりません。

340番はあまりメジャーではないようですね。
メジャーな240~400番でも大丈夫だと思います(1回で済ますなら400番かな)。

こういうセットなら、80番→240番→400番とより丁寧にできますね。

80番のやすりで傷ついた表面が滑らかになります。

磨いた後、水で洗うとこのようにピカピカになります。

ここまで30分程度です。汚れ具合、フライパンの大きさ、力の入れ具合によってはもっとかかると思います。

青色(玉虫色)になるまで火を入れて、酸化皮膜をつくる

洗ったフライパンを火にかけ、空焼きしていきます。

火を入れていると、表面が赤っぽくなってきます。フライパンを回しながら全体的に色をつけます。

そのまま火を入れ続けると今度は青っぽい色になってきます。続けて全体が青く(玉虫色)になるまで空焼きをします。

これは酸化皮膜というもので、内部の酸化を防ぐ役割があるとか。

熱し始めて25分くらいで全体が青色になりました。

油を入れて熱し、油膜を作る

次に、フライパンを一度冷ましてから油を入れて熱していきます。

うちにはオリーブオイルしかないのでそれでやりましたが、オリーブオイルではないほうがいいという記事もあります。

油の種類によって効果が異なるようです。どうせなら最適な油でやったほうがいいですよね。化学が苦手なため、詳しいことはわからない・・・。

ふちまで油をなじませて、ピカピカになりました。

鉄のフライパンのお手入れまとめ

では、鉄のフライパンお手入れについてまとめます。

・鉄のフライパンは定期的にお手入れが必要(買換えよりはいいと思います)

・焦げ落とし、仕上げ磨きにはやすりを使う(所要時間30分程度)

・全体的に火を入れ、赤→青 になるまで熱し続ける(所要時間30分程度)

・最後に油をなじませて終わり

・1時間ちょっとで終わるので、気軽にやりましょう(始めると早いです。今回はフライパンの外側は磨いていません)

 

さっそく、フライパンで焼くといつもくっついてしまう鮭を焼いてみます。


あ、くっついてない!


全然くっつきません。感動!

続いて、たまごも焼いてみます。


お、いい感じです。


つるつるでたのしいです!


きれいに取れましたー!

鉄のフライパンは、油を入れて熱を入れ、煙が出てくるまでよく温めます。わかってたはずなのに、これまで待たずに食材を入れていたのかも・・・と気づきました。
※わたしは料理が得意ではありません。やるけど。

フライパンを使うのがちょっとおっくうになっていたのですが、洗うのも楽になったし、お手入れして本当によかったです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください