ごはん・おやつ 暮らし日記 雑貨・家電

【ホットクック】野菜の蒸し煮が美味しくてつい作り過ぎる(勝間和代さんレシピ)

2021年3月に突然思い立って衝動買いしたヘルシオホットクック。

5カ月経った今も大活躍中です。

それまで圧力鍋でごはんを炊いていたわが家は、ホットクックで炊くようになりました。火の側に付いていなくていいのがとにかくラクです。

 

ピーター
うちはおとうさんがごはんを炊く係だよ
うえの文章だとおかあさんがやってるみたいだね
くるみ
marigold
そ、そうだね。
おとうさんいつもありがとう。

 

最近よく作っているのは野菜の蒸し煮。勝間和代さんのレシピです。

野菜の栄養をまるごと摂れるのがとてもいいです。

 

今回は夏野菜で作りました。

・パプリカ
・なす
・ピーマン
・エリンギ
・マッシュルーム

適当にひと口大にザクザク切って内鍋に入れます。

パプリカもピーマンも、ワタも種も除かずにそのまま入れます!

marigold
忙しいのにやってられません!!

 

ここに野菜の総重量に対して0.6%の塩を入れます。

今回だと、682g*0.6%=4.092。4グラムですね。

そして、オリーブオイルを回し入れます。

ホットクックにまぜ技ユニットをセットして、208番で調理開始。

ピーター
208番は勝間流たっぷり野菜の蒸し煮です。
手動のときは炒めるで5分です。
かかる時間は全部で30分弱
くるみ

 

出来上がると、野菜のかさがグッと減っています。

塩とオリーブオイルだけでこんなに美味しくなるの??

と驚くほど、美味しく出来上がります。

他に、ズッキーニや玉ねぎなど入れてもよさそうですね。

 

公式レシピはこちら。

出所:ホットクック公式レシピ

 

わたしが作った、野菜総重量700g程度で、iwakiのガラス容器1.2リットルにちょうど入るくらいの量が出来上がります。

いつものことですが、材料を入れてスイッチを押すだけでほうっておけるのが本当に便利です。

ホットクックとてもいいですよ。強くおすすめいたします。

 

 

 

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

marigold

1970年東京生まれ/都内で夫とネコ2匹と暮らす/30歳でひとり暮らしを始めるまで、実家でひたすら「自分博物館」を作り上げ、その後大規模の片づけをくり返すうち自分なりの片づけの哲学にたどり着きシンプルライフに移行/ミニマリストを目指して暮らしを整え中/「したいことだけする、したくないことはしない」の意味が最近わかり始めたところ/ 英語学習ブログ「シンプルに、英語」も運営中。

-ごはん・おやつ, 暮らし日記, 雑貨・家電