お出かけ

【そうだ金沢、行こう⑤】百万石まつりの行列に遭遇 利家役の高橋克典さんさすがのカッコよさです

金沢旅行記をつづっています。6月2日、3日で1泊の小旅行。百万石まつりの日程とかぶりました。

これまでの記事はこちら→
【そうだ金沢、行こう①】初の北陸は金沢へ
【そうだ金沢、行こう②】金澤表参道、海鮮を食べなかった近江町市場
【そうだ金沢、行こう③】尾山神社とウォール街
【そうだ金沢、行こう④】21世紀美術館 プールで写真撮りたい人は注意です

21世紀美術館のカフェから見える大通りの左斜め前に見えるのが兼六園です。その兼六園の前(広阪交差点)が何やら騒がしい・・・。

どうやら、百万石まつりの行列が兼六園脇を通って金沢城公園を目指しているようです。カフェからうっすら見えるのは、豪華な衣装に包まれた人々が進む姿。

このタイミングなら、行列ちょっと見られるかもね~と市役所前から香林坊方面を目指して歩くことにしました。目指すのは、駅前のホテルです。

すると、やはり行列とすれ違うかたちで進むことになりました。お松の方(羽田美智子さん)はもう行ってしまったようですが、もしかしたら前田利家公(高橋克典さん)はこれからでは?

あ、やっぱり!きたきた!

あ、前田利家きたっ!!

高橋克典さん、さすがのカッコよさでした!!
(※写真撮りましたが、ここには載せません)

沿道は見物客で混みあってはいましたが、東京とくらべるとさっさと進めるこの快適さ♪百万石まつりは上品なお祭りだな、と思いました。

香林坊近くには、なぜかこんなのもいましたが(しかも2匹(^_^;))
お天気よくてよかったですね(^ ^)

⑥に続きます。→【そうだ金沢、行こう⑥】夜のひがし茶屋街には妖艶な雰囲気が

 

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

marigold

1970年東京生まれ/都内で夫とネコ2匹と暮らす/30歳でひとり暮らしを始めるまで、実家でひたすら「自分博物館」を作り上げ、その後大規模の片づけをくり返すうち自分なりの片づけの哲学にたどり着きシンプルライフに移行/ミニマリストを目指して暮らしを整え中/「したいことだけする、したくないことはしない」の意味が最近わかり始めたところ/ 英語学習ブログ「シンプルに、英語」も運営中。

-お出かけ