【親知らずを抜くはなし】麻酔が効かない!予想外に手こずった右下の抜歯

虫歯になってしまった左下の親知らずを抜いてからちょうど1カ月が過ぎ、右下の親知らずも抜いてきました。今日は、左下を抜いたときとは違った、右下親知らずの抜歯について書きたいと思います。
前回の記事はこちら→
【親知らずを抜くはなし】はじめての大学病院
【親知らずを抜くはなし】15分であっさり抜けました。案ずるより抜くが易し
【親知らずを抜くはなし】親知らず抜歯は、口の中の片づけだった!


何回行っても、歯医者さんは緊張します。

前回抜いた左下の親知らずは、虫歯になってしまったため抜歯となりましたが、今回の右下は、特に問題がないけれど自分で希望して抜歯する流れとなりました。

病院に行って、麻酔→抜歯→鎮痛剤→抗生剤3日間、という流れは前回と全く同じでしたが、想定外だったのは、麻酔が効かずに時間がかかったことです。

うがい→麻酔→うがい→麻酔と進みましたが、前回2~3回で済んだこの流れが、わたしが痛がるものですから今回はプラス2回くらい?となりました。

それでも歯を揺らすと鈍痛が・・・(涙)。

最後にプラスでもう一度麻酔を打ってもらい、様子を見ながら、ほかの先生のヘルプもあり上に引き抜いたら、スポッと抜けました!(←自分では見てないけどたぶんこんな感じ)

時間も30分近くと、前回の倍くらいかかっていました。抜けた歯を見せてもらったら、左下にくらべて縦に長く、根が深いように見えました。これが麻酔が効きづらかった原因かもしれません。

その後の止血も問題なく、痛みもなく、腫れもなく、問題なさそうです。麻酔だけは4時間かかってやっと醒めました。

 

前回があまりにあっさり簡単に抜けたので、今回もそうだろうとタカをくくっていたのでしょうか。思いのほか手こずってしまい焦りました。抜く前もそれなりに緊張していましたが、始まった後の、腫れるかな?痛むかな?歯茎切られちゃうのかな?という不安はとても大きなものでした。そうは言っても、親知らずで苦労してる人にくらべれば軽く済んでありがたいです。

今回の抜歯で、親知らず4本がすべて抜けました。あとは、残った28本の歯を大切に手入れしながら長持ちさせることに集中できます。毎日の歯磨き、フロスがんばります!

次の定期検診は、7月を予定しています。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください